絵本を作りたい!絵本作家になりたい!

絵本教室に通った経験から、絵本を描いてみたい、作ってみたい!あわよくばプロとして絵本を出版したい!という方向けに有益な情報を提供していきたいと思います。

絵本コンクールのご紹介 「おおしま国際手づくり絵本コンクール」

おおしま国際手づくり絵本コンクール」は
絵本コンクールとして、良く知られていますよね。

今回はじめてしっかり調べたのですが
「おおしま」とあるので、東京の大島かと思ったら
富山県射水市にある「射水市大島絵本館」のおおしまだったんですね!

そこに一番びっくりしました。笑
富山に毎年のように行っていたのに気づきませんでした。
写真をみるとかなり大きな建物のようです。

f:id:ehonworld:20180928093517j:plain


ここでは毎年コンクールを実施しています。

2018年度は5月8日(火) ~5月17日(木)
の期間に募集されていました。
(現在は締め切っています)

おそらく来年もこの時期かと思います。
募集期間がわずか10日なので、ちゃんと今から覚えておいて
計画的にしておかないといけないですね。

2018年度の募集概要は参考までに下記のとおりです。


募集内容

未発表の手づくり絵本
(過去1年以内に制作したものでテーマは自由)

募 集 部 門
【1】 一般の部
【2】 しかけの部(しかけが盛り込まれた絵本)

応 募 資 格
作者が18歳以上であること (高校生は不可)


最優秀賞 1点 (賞状・賞金10万円・楯)
●当該作品を当財団より出版します
(出版にあたり、作品の一部を改作する場合があります。
井口文秀賞 1点 (賞状・賞金10万円・楯)
金賞・銀賞・銅賞 部門ごと各1点(賞状・楯)
奨励賞 10点(賞状)
入選 数十点(賞状)


審査員

はたこうしろう (絵本作家)
澤田隆治 (絵本研究家)
ペルトネン純子 (富山大学芸術文化学部講師)
細川律子 (はまなす文庫主宰)


審査委員に私の大好きな、はたこうしろう先生がいらっしゃいます!!
兵庫県のご出身のようですので
富山とはゆかりがなさそうですが。。。いいんです!笑

最優秀賞には出版が約束されていて
過去にもたくさんの受賞者の出版がされています。

2006年からの受賞者が掲載されているので
今年で13回目だったのでしょうか。
歴史あるコンクールですね。

ちなみに作品展も下記のように行われます。
美術館に飾られるなんて素敵ですね。

 

参加作品展

日時

平成30年5月25日(金)~6月10日(日)
概要
ご応募いただいたすべての作品を展示します。
来場された方は好きな絵本作品にメッセージを送ることもできます。
作品数
総応募点数259点(一般の部234点、しかけの部16点)
入賞・入選作品展
日時
平成30年7月4日(水)~7月22日(日)
概要
入賞、入選した作品を展示します。
展示作品数
50点(一般の部45点、しかけの部5点)

 

お近くの方はぜひ見に行ってみてくださいね。