絵本を作りたい!絵本作家になりたい!

絵本教室に通った経験から、絵本を描いてみたい、作ってみたい!あわよくばプロとして絵本を出版したい!という方向けに有益な情報を提供していきたいと思います。

絵本コンクールのご紹介 大御所!「講談社絵本新人賞」

絵本コンクールのご紹介です。

大手出版社の講談社では
毎年「講談社絵本新人賞」を行っています。

2018年度で第40回なので、
2019年度だと41回目!!
とっても歴史ある賞なんですね。


過去の受賞作を見ると

「ほしじいたけ ほしばあたけ」
(第26回新人賞 石川基子 作)

「まないたにりょうりをあげないこと」
(第30回佳作 シゲタサヤカ 作)

「シールのかくれんぼ」
(第33回新人賞 定岡フミヤ 作)

など私もふつうに知っている作品がいっぱい!
それだけ売れてるわけですね。
さすが講談社
流通量もちがいます。

2018年度分は応募期間が変わったようで
5月10日~31日の20日間が募集期間でした。

来年もこの期間に募集がされると思います。

ご参考までに下記が2018年の募集要項です。
(作品規定は記載していません)


応募作品のきまり

未発表の原則
原則として、幼児・児童を読者対象とした自作未発表の創作絵本作品(絵と文の合作の場合も、おのおの自作未発表の作品)であること。

“新人”の原則
単行本として絵本を商業出版(自費出版共同出版を除く)された実績のある方はご応募できません。

重複応募の禁止
同じ作品をほかの賞に応募することは避けてください。(他の賞に応募した作品の応募も避けてください。)

作品の規定

テーマ・画材・技法
自由です。製本はせず、原画の状態でご応募ください。

編成
以下の二通りから選択してください。これ以外のページ数は審査の対象外とします。
【1】 タイトルページ(扉)1ページ+11見開き(22ページ)=計23ページ
【2】 タイトルページ(扉)1ページ+15見開き(30ページ)=計31ページ
扉を1ページ目とし、各ページ枠外に鉛筆などでページ番号を記入してください。

 応募受付期間

第40回(2018年)より応募期間を変更しています。
2018年5月10日~5月31日(当日消印有効、一部必着)
※海外から作品を送付される場合、5月31日必着でお送りください。


選考委員

●木坂 涼氏 
●はたこうしろう氏 
●松成真理子氏 
村上康成氏  (五十音順)
●幼児図書編集長

新人賞
正賞  賞状・記念品
副賞  50万円 本社より単行本として刊行

佳作
正賞  賞状
副賞  20万円

なお、初版刊行時印税は、賞金に含まれます。

 

f:id:ehonworld:20180928204711j:plain

新人賞をとると「講談社から出版」ができるようです。
佳作をとった方でも出版されている受賞者がいるということは、
佳作でもそんなチャンスがなくもないわけですね。


審査員は
私が一番好きな詩人で翻訳者の木坂涼さん!
「ほーほーはらへり フクロウさまだ」は名訳です。

さらに、はたこうしろうさん!
(関係ないけど奥様はおーなり由子さんです。)

ほかにも絵本作家の松成真理子さんや村上康成さん(さつまのおいも)さんも審査員!
さすが講談社は審査するひとも豪華です。

ふつうのコンクールもめったに賞をとれませんが
ここがたぶん一番レベル高いかと思います。

審査料も1500円かかりますし
大御所ぶりがうかがえますね。

講談社の流通量、販促力はトップだと思いますので
「有名になりたい」という人は
ぜひとも目指すべきコンクールだと思います。

私は恐れ多くて出す勇気がありませんが
自信のある方はぜひ挑戦してみてください!